*

お風呂の歴史

公開日: : お風呂の歴史

日本でのお風呂の歴史は、神道で行われる川や滝で行われた禊(みそぎ)の風習が起源とされています。

また、仏教においても入浴することにより「病を退け」「福を呼ぶ」として奨励されていたとも言われております。

しかし、当時の入浴は現在のように湯船に浸かるのではなく薬草等をいれたお湯を沸かし蒸気を浴堂内に取り込んだ形式のものでした。

そのことから、お風呂とは蒸し風呂を指す言葉と考えられているため、現在のバスタブ(浴槽)浸かる構造物は、湯屋・湯殿などと言うように区別されていました。

寺院等にある蒸し風呂の施設を平安時代に上級の公家の屋敷内に作る形式が始まりました。

また、入浴が徐々に宗教的な意味が薄れることによって衛生面や社交場としての存在が強くなったようです。

浴槽にお湯を張って浸かるという入浴方法が一般化したのは、江戸時代に入った頃からと考えられています。

 

関連記事

no image

お風呂で血行を改善

人間の身体には約60兆個の細胞がありますが、常に新陳代謝を繰り返して細胞が生まれ変わっています。

記事を読む

no image
24時間風呂は有名メーカーを選ぶのが無難です!

24時間風呂は、有名メーカーのモノを適正価格で買いましょう~メンテも来

no image
お風呂で血行を改善

人間の身体には約60兆個の細胞がありますが、常に新陳代謝を繰り返して細

no image
半身浴でストレス解消

最近注目されている半身浴は、下半身だけ湯船につかる入浴法ですが、具体的

no image
お風呂の歴史

日本でのお風呂の歴史は、神道で行われる川や滝で行われた禊(みそぎ)の風

→もっと見る

PAGE TOP ↑