*

お風呂で血行を改善

公開日: : 最終更新日:2015/06/01 お風呂の歴史

人間の身体には約60兆個の細胞がありますが、常に新陳代謝を繰り返して細胞が生まれ変わっています。

細胞が新陳代謝を行うためには、血流が一番大切で、血流が悪くなると細胞が新しく生まれ変われなくなります。

血液は栄養や酸素など人間に必要なものを体全体に運びますので、常に流れが良い状態を保つ必要があります。

しかし、運動不足・ストレス・加齢など様々な理由で血流が悪くなりますが、特に重要なものが体温です。

体温が下がると血流が悪くなり、また、体温が下がることにより更に血流が悪化します。

血流が悪くなると栄養が身体に回らなくなります。それにより、手足のしびれだけでなく疲労物質や老廃物が身体に溜まり健康な状態を保てなくなります。

日本人は昔からお風呂に入る習慣がありましたが、最近はシャワーだけで済ませる人が多く身体を芯から温める機会が少なくなりました。

その為、血行が悪くなり体が冷え、結果、不健康に繋がっています。

今一度、お風呂に入る重要性を考えてみると良いかもしれませんね。

 

 

関連記事

no image

お風呂の歴史

日本でのお風呂の歴史は、神道で行われる川や滝で行われた禊(みそぎ)の風習が起源とされています。

記事を読む

no image
24時間風呂は有名メーカーを選ぶのが無難です!

24時間風呂は、有名メーカーのモノを適正価格で買いましょう~メンテも来

no image
お風呂で血行を改善

人間の身体には約60兆個の細胞がありますが、常に新陳代謝を繰り返して細

no image
半身浴でストレス解消

最近注目されている半身浴は、下半身だけ湯船につかる入浴法ですが、具体的

no image
お風呂の歴史

日本でのお風呂の歴史は、神道で行われる川や滝で行われた禊(みそぎ)の風

→もっと見る

PAGE TOP ↑